クイックスタート

This post is also available in: English Español

改めまして、Vivaldi をチェックしてくれてありがとうございます! Vivaldi ブラウザーを最大限に活用する方法をご紹介します。 このページから新しいブラウジング体験を楽しみましょう。 Vivaldi はカスタマイズと柔軟性を念頭に置いて構築されています – ブラウザーの動作をあなた次第です。 このガイドでは、すぐにVivaldi を使い始めることを目的とした、基本操作を説明します。

 

Vivaldi ですぐに試したい3つのこと

1. タブスタックの作成

タブスタックは、タブのグループを指します。 Vivaldi ではタブのグループ化をすることができます。 作成方法はいくつかありますが、最も簡単な方法は、スタックしたいタブを別のタブの上にドラッグし、タブの色が暗くなったところでドロップする方法です。 タブをドロップすることでと、タブスタックが自動で作成されます。 これは、ブラウジング環境をキレイに整理しておくための優れた方法です。常に大量のタブを開いている人には、おすすめの機能です。

タブスタックを作成してみてください。タブをドラッグアンドドロップして、どのように機能するかを確認してみてください。

タブのドラッグアンドドロップ

 

2. 分割画面表示

Vivaldi では、ボタンをクリックするだけで分割画面ビューを作成して、複数のタブを同時にブラウジングできます。 これを Vivaldi では、タブタイリングと呼んでいます。

タイルビューを作成するには、複数のタブを選択するか、タブスタックを使用する必要があります。 タブスタック上で右クリックして、コンテキストメニューから ‘タイルスタックを並べて表示’ を選択してみてください。 タイル化されたタブをそれぞれスクロールしたり、境界線をドラッグしてサイズを変更したり、タブスタックにドロップして分割画面に他のタブを追加したりすることもできます。

ステータスバー のタイリングメニューを使用すると、同じウィンドウに4つ以上のタブを表示するグリッドビューなど、含まれるタブの数に応じて異なる構成を選択することができます。

 

3. ウェブパネルを追加

Vivaldi にはサイドバー(または パネル と呼びます)があり、ブラウザーにおいてよく使用されるいくつかのツール(ダウンロードブックマーク履歴など)がいくつか含まれています。 ウェブパネルは次の通りです。

ウェブパネルを使用すると、モバイルバージョンのどんなサイトでもサイドバーに追加することができます。 つまり、サイドパネルをクリックするだけで、お気に入りのメッセージングアプリ、ニュースフィード、ソーシャルメディアへのアクセスが簡単にできます。

Vivaldiのウェブパネル

サイドバーの「+」記号をクリックして、TwitterStack Overflow などのウェブパネルを追加してみてください。 新しく作成したウェブパネルを開くと、メインウィンドウで開いているタブを含む分割画面が作成されます。

Vivaldi Tips

デフォルトでは、サイドパネルを展開すると、ウィンドウの残りのサイズが収まるようにサイズが自動的に変更されます。 (上のスクリーンショットのように)メインウィンドウ上にパネルを「フローティング」するには、設定 > パネルに移動し、「パネルのオーバーレイ表示」 とマークされたボックスにチェックマークを付けます。

 

もっと詳しく

    • このガイドを読み続ける – 次の記事では、いくつかの主要な機能について詳しく説明していきます。

 

    • ビデオチュートリアル – Vivaldi で履歴がどのように機能するか、一度に複数のタブをブラウジングするか、等の Vivaldi の機能のすべてを説明するビデオについては、Vivaldi の YouTube チャンネルから確認可能です。

 

    • Vivaldi コミュニティ – 自分だけの @vivaldi.net メールアドレスを取得したり、ブログを作成したり、Vivaldi フォーラムに参加したりしてみてください。

 

    • #VivaldiTips – Vivaldi の優れた機能について、あらゆる種類の簡単なヒント、ビデオなどをソーシャルメディアに投稿しています。 FacebookTwitterInstagram で Vivaldi をフォローしてください。

 

    • 知識ベース – Vivaldi のすべての機能に関する詳細情報はこちらから。

 

  • 設定 – ブラウザーを自分用にカスタマイズできる設定がたくさんあります。

 

次へ:タブスタックの作成