Vivaldi メールのトラブルシューティングとデバッグ

This post is also available in: English Français

メールクライアントで意図しない挙動に遭遇した場合、エラーをチェックするためにできることがいくつかあります。

コンソールログでエラーを確認

  1. まず、メールタブを開く(最優先事項)
  2. 新しいタブで vivaldi:inspect#apps を開く
  3. mail.html で終わる長い行を探し(次の画像を参照)、検証をクリック
画像1:検証をクリックしてコンソールを開く

エラーを確認するには、開発者ツールウィンドウのコンソールタブを選択する必要があります(青い下線が付いています)。

画像2:開発者ツールウィンドウでコンソールタブが選択されていることを確認

より多くのエラーを表示する可能性のある追加のバックグラウンド開発者ツールウィンドウもあります。 上記と同様の手順に従ってください。

  1. まず、メールタブを開く(最優先事項)
  2. 新しいタブで vivaldi:inspect#apps を開く
  3. _generated_background_page.html で終わる長い行を探し(次の画像を参照)、検証をクリックします。
画像3:バックグラウンドのページの検証には上のようなリンクが必要

コンソールを開くためのクイックヒント

メールステータスボタンを使用してコンソールを開く別の方法。

  1. まず、メールタブを開く(最優先事項)
  2. メールステータスボタンをクリック。 このボタンは、移動していない場合は画面の左下にあります(画像4を参照)。
  3. ポップアップウィンドウの右上隅にある設定ホイールをクリックし、ログの表示を選択(画像5を参照)。
画像4:メールステータスボタンは左下隅の同期ボタンの横にあります
画像5:右上隅の設定ホイールをクリックし、ログの表示を選択

いくつかの既知のエラーの修正(インデックスの再作成)

上記の手順を実行すると、コンソールにエラーが表示されるはずです。 データベースのインデックスを再作成することで修正できる既知のエラーをいくつか示します。

エラー#1:ソースフィルターが見つかりません

Source filter not found エラーは次のようになります

Error: Source filter not found 2877
    at chrome-extension://mpognobbkildjkofajifpdfhcoklimli/background-common-bundle.js:1:449884
    at Array.forEach (<anonymous>)
    at t.a (chrome-extension://mpognobbkildjkofajifpdfhcoklimli/background-common-bundle.js:1:449835)
...

エラー#2「メール DB を開く – アップグレードの期限が来ている場合、これには時間がかかる場合があります…」

もう1つの問題は、メールが読み込まれないことです。 ブラウザの下部のバーに次のメッセージが表示されます。

「メール DB を開く – アップグレードの期限が来ている場合、これには時間がかかる場合があります…」

解決策:データベースのインデックスを再作成

上記のエラー(エラー#1と#2)は両方とも、データベースを削除してメッセージヘッダーを再フェッチし、すべてのインデックスを再作成することで修正できます。

(注意:ローカルドラフトおよび送信トレイメッセージとともに、POP3 メッセージまたはサーバーから既に削除されているメッセージは失われます)

  1. プロファイルディレクトリを開く(vivaldi:about に移動してプロファイルパスを参照すると、プロファイルディレクトリの場所を見つけることが可能)
  2. Vivaldi を閉じる
  3. フォルダ「Default/Storage/ext/mpognobbkildjkofajifpdfhcoklimli/def/ IndexedDB」を見つけて削除
  4. Vivaldi を開く

Vivaldi を再度開くと、すべてのメールのフェッチが再開されます(注:コンテンツは Profile Path/Default/Mail フォルダーに保存されているため、コンテンツを再ダウンロードする必要はありません)。

Was this page helpful?