Raspberry Pi

This post is also available in: English Français Nederlands Српски

ARM(32bitハードウェア)用の Vivaldi は、次の場所にあります。

ドロップダウンメニューから Linux DEB ARM を選択。

以下は、Vivaldi を最大限に活用するためのヒントです。


非 Debian ベースのディストリビューションでのARM用Vivaldiのインストール

“install-vivaldi.sh” : sh install-vivaldi.sh --final の実行 (詳細)


Widevine と Flash

Encrypted Media Extensions(Spotify など)を使用する ウェブ サイトや Flash(Tidal など)を使用するサイトにアクセスする必要がある場合は、ChromeOS リカバリイメージから Linux ARMhfの Widevine および Flash バイナリを抽出することができます。 Linux マシン上でこのスクリプトを実行し、ファイルを抽出します。

これらは非常に大きなファイル(ダウンロード後にディスク上で 2GB 以上)であるため、別のマシンで抽出することをお勧めします(スペースがある場合は、Raspberry Pi 自体でも実行可能です)。

Netflix

この作業を行うには、すでに Widevine をインストールしてあることが前提となります。 さらに、ブラウザのユーザーエージェントを変更する必要があります。 ユーザーエージェントを変更するには、User-Agent Switcher for Google Chrome 拡張機能をインストールし、「オプション」を開いて、次のように新しい「Custom User-Agent (カスタムユーザーエージェント)」を構成します。

  • 新しいユーザーエージェント名: Netflix
  • 新しいユーザーエージェントストリング:
    Mozilla/5.0 (X11; CrOS armv7l 10895.56.0) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/79.0.3945.131 Safari/537.36
  • グループ: Chrome
  • 追加?置換
  • インジケーターフラグ:NFX

このユーザーエージェントを有効にしてから、Netflix へのログインに進みます。

この方法でビデオを再生することは可能ですが、最近の Raspberry Pi ではお勧めしていません。 動画の解像度が非常に低く、フレーム落ちが頻繁に発生してしまうためです。


スワップファイルのサイズの増加

Raspberry Pi Vivaldi をスムーズに実行するには、スワップ領域を増やすことをお勧めしています。 「ターミナル」を開き、次のコマンドを使用して SWAP を 100 MB から 2048 MB に変更します。

echo CONF_SWAPSIZE=2048 | sudo tee -a /etc/dphys-swapfile

次に、スワップサービスを再起動して変更を適用します。

sudo /etc/init.d/dphys-swapfile stop
sudo /etc/init.d/dphys-swapfile start

この変更を行うと、SDカードの寿命が短くなる可能性がありますのでご注意ください。


アナログ出力使用時のヒス音の停止(Raspberry Pi 3)

Raspberry Pi 3 で Raspbian を使用していて、音楽を聴いたりビデオ視聴時にヒス音が聞こえる場合は、「ターミナル」で次のコマンドを発行してから、Raspberry Pi を再起動します。

echo audio_pwm_mode=2 | sudo tee -a /boot/config.txt

Was this page helpful?