Vivaldi の初期化

This post is also available in: English Русский Nederlands

この記事では、データをバックアップし、Vivaldi ブラウザを完全にリセットする方法を示します。

注意 – この記事は上級ユーザー向けです。 ここで説明する手順に従うと、すべての Vivaldi データ(メモ、ブックマーク、ウェブパネルなど)と、キャッシュ、履歴、テーマなどの設定が失われます。

Vivaldi をフルリセットを続行する場合は、データのバックアップを必ず取るようにしてください。


Vivaldi データのバックアップ

データを 同期 することで、データ(一部に限り)をバックアップすることが可能です。 暗号化パスワードをリセット/復元する方法はないため、忘れることのないようにお気をつけください。

または、設定やプロファイル、設定など、Vivaldi セットアップ等の重要な要素を含むプロファイルフォルダーのバックアップの作成も可能です – vivaldi://about のプロファイルパスを参照してください。 主要コンポーネントのほとんどは Default フォルダーに保存されていますが、一緒に保存されている First Run ファイルも保持する必要があります。 このファイルを削除すると、Vivaldi が初めて起動したものと見なされます。

Vivaldi のフォルダの概要

Default のフォルダに保存されている主要な要素の一部は以下の通りです。

Bookmarks スピードダイヤルからのブックマークと情報が含まれています。
Notes メモパネルで取られたメモデータ
Sessions 保存されたセッション
Login Data ウェブサイトのパスワード 注:このファイルは暗号化されており、それを作成したマシン上でのみ使用が可能となっています。
設定とローカルアプリの設定 \ mpognobbkildjkofajifpdfhcoklimli – Vivaldiの設定と構成
Web Data – 自動入力補完データ
Current Session – 開いているタブのデータ
History ウェブサイトの閲覧履歴
Cookiesウェブサイトのデータ
Extension Rules, Extension State, Extensions, Local Extension Settings, Local Storage, Managed Extension Storage, Extension Cookies and Secure Preferences – すべての拡張設定と拡張機能データはここに保存されています。

Default フォルダーと First Run ファイルのコピーを作成して、デスクトップやドキュメントといった場所に貼り付けます。


Vivaldi 設定をリセットする方法

  1. vivaldi://about へ移動します。
    または、Vivaldi menu botton Vivaldi メニュー   > VIvaldi > VIvaldi について を開きます。 
  2. プロファイルパスの下にリストされているディレクトリをメモします。
  3. システムウィンドウを開きます(ファイルエクスプローラー)。
  4. ユーザーデータ   フォルダーに移動します。
  5. 正しいフォルダを見つけたら、ブラウザを閉じます。
  6. システムウィンドウで、ユーザーデータ  フォルダー全体を削除します。
  7. Vivaldi を再起動します。

手順を正常に完了した場合、Vivaldi を再起動した際に「Vivaldi へようこそ」画面が表示されます。

ウェルカムページがタブで開いているVivaldiブラウザ

Was this page helpful?