パスワード管理

This post is also available in: English Español Nederlands

Vivaldi 上では、アカウントのログイン認証情報をブラウザに保存できます。

パスワードの保存

パスワードの保存を有効にすると、新しいアカウントにログインするたびに、パスワードを保存するかどうかを尋ねられます。

特定のパスワードを保存するためのプロンプトを破棄したが、後でそれを実行したい場合は、アドレスフィールドの右側にある  パスワードを保存をクリックします。

しないをクリックした場合、そのウェブサイトにパスワードを再度保存するかどうかを尋ねられることはありません。 気が変わった場合は、chrome://settings/passwords に移動し(リンクは Vivaldi 設定に自動修正されます)、保存しないリストからウェブサイトを削除します。

パスワードを保存したくない場合、または他のツールを使用してパスワードを管理したくない場合は、設定 > プライバシー > パスワードウェブページのパスワードを保存のチェックを外して、この機能を無効にできます。

Save password prompt

アカウントのパスワードを変更すると、ログイン情報を更新するかどうかを尋ねる同じプロンプトが表示されます。


パスワードの確認

保存されたパスワードを表示するには:

  1. 設定 > プライバシー > パスワード > パスワードの表示
  2. Eye icon パスワードの表示 をクリックするか、エントリを右クリックしてパスワードの表示を選択します
  3. コンピューターのログインパスワードを入力します。

パスワードをフィルタリングするには、保存されたログイン認証情報のリストの上にある検索ボックスでウェブサイトまたはアカウント名を検索します。

Saved passwords in Settings

保存されたパスワードをアルファベット順に並べ替えるには、保存されたエントリを並べ替える列のタイトルをクリックします。 順序を逆にする場合は、もう一度クリックします。

パスワードを表示するオプションに加えて、右クリックメニューから、パスワードまたはユーザー名をコピーし、ページにアクセスして、保存したパスワードを削除することもできます。


パスワードの削除

保存されているアカウントの資格情報を削除するには、エントリを右クリックしてパスワードの削除を選択します。

すべてのパスワードを削除するには:

  1. Vivaldi menu botton Vivaldi メニュー > ツール > 閲覧閲覧データの削除 に移動します。
  2. パスワードの選択(同期ログインパスワードを含む)。
  3. データの削除で、常時を選択します。
  4. 削除をクリックします。

パスワードのインポート

別の Vivaldi ブラウザからパスワードをインポートする最も簡単な方法は、同期を使用することです。これにより、ブックマークメモなど、他の種類のデータも同時に同期することができます。

別のブラウザからパスワードをインポートするには:

  1. ソースとなるブラウザが閉じていることを確認してください。
  2. 次に、Vivaldi menu botton Vivaldi メニュー > ファイル > ブックマークと設定のインポート に移動します。
  3. ドロップダウンメニューから、パスワードをインポートするブラウザを選択します。
  4. インポートするデータを決定します。
  5. インポートの開始 をクリックします。

すべてのブラウザからパスワードをインポートできるわけではないことに注意してください。


パスワードのインポート

パスワードをエクスポートするには:

  1. chrome://settings/passwords に移動します(リンクは Vivaldi 設定に自動修正されます)。
  2. 保存されたパスワードの右側で、3 dots その他のアクションをクリックします。
  3. パスワードのエクスポートを選択します。
  4. コンピューターのパスワードを入力します。
  5. .csv ファイルを保存します。
重要! パスワードは、エクスポートされたファイルを見ることができるすべての人に表示されます。

更に詳しく

Was this page helpful?