プライバシー設定

This post is also available in: English Español Français Nederlands

Vivaldi のプライバシー設定では、個人データを保護するための確実な制御が可能です。

各設定はデフォルトで有効または無効にされていますが、設定 > プライバシー 内には各設定を切り替えるオプションがあります。

プライバシー設定

Google フィッシングとマルウェア保護

デフォルトで有効になっている Google の Safe Browsing API は、ウェブサイトをロードする前に、フィッシングやマルウェアの疑いがある既知のサイトのマスターブラックリストに対してアクセスしているサイトをチェックします。 サイトがサイトをロードする代わりにブラックリストに載っている場合、警告メッセージが表示され、以前のウェブサイトに戻るように促されます。

プライバシーを保護するため、訪問したウェブサイトのリストをサービスプロバイダーに送信する代わりに、Vivaldi には、近似方法を使用して、悪意のあることがわかっているすべての URL を記述するファイルが与えられます。


Google DNS サービスを使用したナビゲーションエラーの解決

Google DNS(ドメインネームシステム)サービスは、ISP(インターネットサービスプロバイダー)が IP アドレスを提供に失敗した場合(場合によっては ISP に DNS が欠陥がある場合)にアクセスするウェブサイトの IP アドレスを提供します。

Google DNS サーバーのアドレス(8.8.8.8および8.8.4.4)は Chromium にハードコーディングされており、その上に Vivaldi が構築されています。 この設定はデフォルトで有効になっていますが、設定 > プライバシー で無効にすることができます。


Google サービスを使用してフォームの自動入力をサポートする

ユーザーの利便性のため、Vivaldi はフォーム入力データ(住所や支払いの詳細など)を保存し、次回サイトに同様のフォームが含まれるときにフォームに自動的に入力できるようになっています。 この機能は Google によって提供されていますが、入力したデータは Google に送信されず、送信するデータのタイプのみが送信されます。

エントリーを編集および削除するか、自動補完を完全に無効にするには、現在chrome://settings > 自動入力 > お支払い方法/住所やその他の情報 より直接変更する必要があります。


検索候補

検索候補は、検索を完了していなくても入力したすべてが選択した検索エンジンに送信されるため、デフォルトで無効になっています。

これらは、以下に対して個別に有効化/無効化できます。

設定 > 検索 および 設定 > プライバシー の両方。

選択した検索エンジンの検索候補を有効にする

信頼できる検索エンジンからのみ提案を取得するには、次にアクセスしてください。

  1. 設定 > 検索 > 検索エンジン
  2. 候補を表示したくない検索エンジンを選択します。
  3. Suggest URL フィールドを空にします。
  4. 保存をクリックします。

コンテンツのブロック

Vivaldi は、デフォルトで不正な広告があるサイトでの広告をブロックします。 不正な広告ブロッカーに関してはヘルプページをご覧ください。


トラッキング拒否

設定 > プライバシー で、ウェブサイトのトラッキングの拒否オプションを有効にすることもできます。 これは、トラッキングCookieを設定しないようにウェブサイトに求める丁寧な方法です。 しかし、彼らは要求を簡単に無視することができ、避けたいコンテンツはほとんどの場合においてあなたの要求を尊重しないでしょう。


WebRTC IP ハンドリング

WebRTC(Web Real-Time Communication)の最高のパフォーマンスを得るためのブロードキャスト IP は、WebRTC を使用して実際のIPアドレスを確認するウェブサイトからも IP を隠したい VPN 接続で閲覧するユーザーに最も関連性があります。

Vivaldi では、デフォルトでブロードキャストが有効になっています。これは、ウェブサイトがあなたのIPアドレスを見ることができることを意味しますが、多くの場合、内部ネットワークの IP アドレスのみです。 この設定を無効にするとプライバシーが向上しますが、ウェブサイトの機能に問題が生じる可能性があります。

Was this page helpful?