ユーザーのカウント方法

This post is also available in: English Español Français Nederlands Српски

Vivaldi 2.7 から、ユーザーカウントが変更され、ユニークIDの使用が徐々に削除されました。

  • 現在はユーザーカウントエンドポイントへの追加リクエストが行われます。 このリクエストは古いリクエストに似ており、ユニーク ID を含みますが、新しいユニーク ID フリー実装で使用される追加のパラメータが含まれています。
  • 数バージョン後、古いユーザーカウントリクエストは削除されます。
  • その後、ユニークIDは新しいリクエストから完全に削除されます。 いくつかの Vivaldi がインストールされているコンピューターでカウントできるように、ローカルで生成し続けますが、ローカルでのみ使用されます。

新しいリクエストの生成に使用されるコードは全てC ++で構成されており、ソースリリースとともに公開されるため、コードが意図した通りに動作していることも確認可能です。


ユーザーカウントの実装

Vivaldi はユーザーのカウント方法を変更することにしました。一部の人々は、ユニーク ID の使用を追跡形式の一つとして見ているため、それを避けたいという考えに基づく変更です。 ユニークIDを必要としない方法でユーザーをカウントするより良い方法を見つけけることができたため、それを実装することにしました。

実装における多くの段階は、新しいコードが意図したとおりに機能し、新しいコードによって報告された数値を信頼できる数値かどうかを確認するために必要です。


Vivaldiユーザーをカウントする理由

ユーザーが増えることで、さらに Vivaldi の開発できるようになるため、正確なユーザー数を知る必要があります。 これは主に、Razer Chroma とのような収益を上げるためのパートナーシップと技術的な パートナーシップを構築すること に帰着します。 数字が正確であればあるほど、より良い契約やサポートが得られます。

Vivaldiは以下をカウントしています

  • デイリーユーザー
  • ウィークリーユーザー
  • マンスリーユーザー

次の情報もカウントしています

  • 新しいユーザーが初めて Vivaldi を実行するとき。
  • ユーザーがブラウザを使用していた期間。
  • リピーターを把握するための非アクティブな日数。
  • CPU アーキテクチャー。
  • 画面の解像度
  • ユーザーエージェント

最後の3つはユーザーカウントとは関係ありませんが、この情報により、Vivaldiを使用しているマシンの種類を知ることができます。


複数のインストールのカウント

Vivaldi はスタンドアロンインストールを介して、同じシステム上に複数のインスタンスを使用することが可能であるため、カウントはより困難な物になっています。

誰かが別のプロファイルを使用してコンピューターに Vivaldi を複数回インストールする場合、1人のユーザーとしてカウントします。

一方、同じオペレーティングシステムアカウントで、同じコンピューター上で(独自のポータブルドライブを使用して)スタンドアロンの Vivaldi インストールを複数のユーザーが使用する場合、それらを個別のユーザーとしてカウントしています。

これらのケースを区別できるように、LocalState ファイルの一部としてユニーク ID のコピーを1つ、OS ユーザープロファイル内に1つのコピーを保持します。 コピーの1つが欠落している場合、他の使用可能なコピーを使用して再度セットアップされます。 両方のコピーが存在するが一致しない場合、別のシステムに移動したスタンドアロンインストールを実行していると想定できます(2番目のシナリオ)。 他のすべてのケースでは、最初のシナリオを想定しています。

そのために、送信を停止した後もユニーク ID の生成と保存を続けます。 これらは、Vivaldi がシステム上の他のインストールと連携して、一度だけカウントされる必要があるかどうかを知るためにのみ使用されます。

Was this page helpful?