非 DEB / RPM ディストリビューションに Linux スナップショットをインストール

This post is also available in: English Français Nederlands

Linux ディストリビューション用のスナップショットパッケージが提供されていない場合は、Linux スナップショットインストーラースクリプトを使用できます。

ローカルコピーが公式バージョンであることを確認する必要がある場合、インストールスクリプトはVivaldi Linuxパッケージで使用されるものと同じキーで署名されます

「install-vivaldi.sh」を保存したディレクトリでターミナルを開き、次のコマンドを発行します。

sh install-vivaldi.sh

カーネルに組み込まれたユーザーネームスペースサポートのないディストリビューション(古いArchベースのディストリビューションなど)では、上記のコマンドの前に「sudo」を付けるか、「root」ユーザーとして実行します。 これは、vivaldi-sandbox(セキュリティに使用されるコンパニオン実行可能ファイル)に適切な許可を設定するために必要です。

将来的に新しいビルドにアップグレードするには、新しいスナップショットが公開されたときにインストーラスクリプトのローカルコピーを再実行するだけです。 Vivaldi Snapshots RSSフィードを購読することでいち早く情報をキャッチできます。

ビルドおよびその他のオプションの事前テスト

インストールをコミットする前に、クリーンなプロファイル/設定でビルドをテスト実行したい場合は、コマンドラインスイッチ「--test」を使用してください。 さらに多くのオプションについては(安定版をインストールするなど)、「--help」をご覧ください。


このスクリプトは、ネイティブパッケージが当社(またはディストリビューション)から簡単に提供されないユーザー向けに提供されています。 特に Vivaldi 安定版リリースについては、公式パッケージのいずれかを使用するか、ディストリビューションに非公式の再パックが提供されているかどうかを確認することを強くお勧めします。 これを容易にするために、ディストリビューションメインテナーと協力できることをうれしく思います。

Was this page helpful?