セッション管理

This post is also available in: English Español Nederlands Ukrainian

Vivaldiでは、現在開いているタブを名前付きの「セッション」として保存し、後で再度アクセスすることが可能です。 この機能を使用することで、セッションに含まれるタブのセットを、必要なときやブラウザーの起動時にワンクリックで開くことができます。

セッションの保存

1つ、または複数のウィンドウで開いているすべてのタブをセッションとして保存するには、次のいずれかを実行します。

  • Vivaldi menu botton Vivaldi メニュー > ファイル > 開いているタブをセッション として保存します。
  • タブバー > を右クリック すべてのタブをセッションとして保存 を選択します。
  • クイックコマンド内に、開いているタブをセッションとして保存 と入力します。

一部のタブのみをセッションとして保存するには、Ctrl /⌘/ Shiftキーを使用して選択を行い、次の操作を行います。

開いているタブをセッションとして保存

保存したセッションを開く

保存したセッションを開くには:

また、保存したタブを現在のウィンドウで開くか、新しいウィンドウで開くかを決定します。

保存されたセッションを開くダイアログ

Was this page helpful?