カレンダー表示オプション

This post is also available in: English Español

カレンダーの表示と非表示

特定のカレンダーからイベントを表示または非表示にするには:

  1. タブの左上隅にあるカレンダーをクリックして、すべてのカレンダーのリストを表示します。
  2. カレンダー名をクリックして、表示または非表示にします。
    カレンダーの名前の前に色付きの丸マークが付いている場合、カレンダーのイベントは表示中という意味になります。 丸マークがない場合は、イベントは非表示になります。

デフォルトカレンダー

デフォルトカレンダーを設定するには

  1. カレンダービューの左上隅にあるカレンダー > デフォルトのカレンダーをクリックします。
  2. 使用可能なカレンダーのリストから新しいデフォルトのカレンダーを選択します。

カレンダービュー

Vivaldi カレンダーでは、次の表示でイベントを確認できます。

  • 日(d)- 1日を1時間の長いタイムスロットに分割。 設定 > カレンダー > カレンダー設定 > 日の設定で表示時間を調整します
  • 週(w)- 1週間を長いタイムスロットに分割。
  • 複数週(n)- 前後直近3週間(前週、今週、翌週)を表示
  • 月 (m) – 1ヶ月間のイベントを表示
  • 年 (y) – 横に日表示を伴う、通年のイベント表示。
  • 予定表 (a) – 日付でグループ化されたリスト内の6週間分のイベント。

複数週表示と月表示では、カレンダータブの右上隅にあるカレンダービューのナビゲーションバーから、サイドバーの日表示を切り替えるオプションがあります。

表示切り替え

カレンダー表示を切り替えるには

Calendar view navigation

  • タブの右上隅にあるカレンダービューのナビゲーションバーのオプションをクリックします。
  • キーボードショートカットを使用します。 例 – 月別表示 (M) 上記のリストにあるすべてのショートカットを表示するか、カレンダータブの右上隅にあるカレンダービューナビゲーションバーにカーソルを合わせると表示されます。 単一キーのショートカットを有効にするには、設定 > キーボード > キーボードショートカット > 単一キーショートカットに移動します。

次および前の日付範囲に移動するには:

  • 今日ボタンとカレンダービューナビゲーションの間の矢印ボタンをクリックします。
  • 矢印キーを使用してタイムスロット間を移動し、同じキーを押し続けると次の日付範囲にジャンプします。 たとえば、右キーを押し続けて日と週のビューで次の日/週に移動するか、下矢印を押し続けて複数週と月のビューで次の日付範囲に移動します。

今日に焦点を合わせるには、カレンダービューのナビゲーションバーの今日ボタンをクリックします。


イベントレイアウト

Vivaldi カレンダーで利用できる3つの異なるイベントレイアウトオプションがあります:

  • 全部 – イベントの時間、タイトル、説明、場所、およびイベントのリンクを表示します。
    Calendar view with the full display option enabled
  • コンパクト – 上記と同じように表示されますが、説明またはリンク情報が長すぎる場合、その情報の限られた量のみが表示されます。
    Calendar view with the compact display option enabled
  • 最小 – イベントの時間とタイトルのみが表示されます。
    Calendar view with the minimal display option enabled

これらのビューを切り替えるには、カレンダータブの右上隅にあるフィルターと検索フィールドの横にあるレイアウトボタンをクリックします。 または、設定 > カレンダー > カレンダー設定 > イベントレイアウトでレイアウトを変更します。


カレンダーの間隔

Vivaldi では、カレンダーのタイムスロットの幅と高さが固定されておらず、イベントが長いほどスペースが必要になるわけではありません。 代わりに、タイムスロットは、イベントに関する情報の量に応じて調整されます。 つまり、タイトルと説明が1時間しかない長いイベントは、タイトルと説明が短い5時間のイベントよりも多くのスペースを占めることとなります。

 

Was this page helpful?