メールの暗号化

This post is also available in: English

暗号化の有効化

暗号化されたメールを送受信したい場合

  1. 設定 > 設定 > 暗号化 へ移動します。
  2. 基本的な設定
    • メッセージの暗号化と署名
    • メッセージの署名を検証
    • メッセージの復号

 


PGP キーの作成

新しいキーを作成するには

  1. 設定 > PGPのキー へと進みます。
  2. 上部メニューより 作成 をクリックします。
  3. 鍵の大きさを 2948 ビットまたは 4096 ビットを指定します。
  4. パスワードを指定します。
  5. 保存をクリックします。

キーのインポート

キーをインポートするには :

  1. 設定 > PGPのキー へと進みます。
  2. 上部メニューよりインポート をクリックします。
  3. インポートしたいファイルを選択します。
  4. インポートをクリックします。

キーのエクスポート

キーをエクスポートするには

  1. 設定 > PGPのキー へと進みます。
  2. 上部メニューよりエクスポート をクリックします。
  3. エクスポートしたい種類を指定します。
    1. 公開鍵のみ
    2. キーを選択

公開キーを共有

暗号化されたメールでのやりとりを開始する前に、上記の方法で公開鍵ファイルをインポートするか、メールを介して公開鍵を共有します。

  1. 新規メッセージの作成
  2. 右側のオプションと添付ファイルセクションで、公開鍵を添付を有効にします。
  3. メッセージの送信
  4. 連絡先の公開鍵が記載された電子メールを受け取った時は、「このメッセージには添付されたPGPキーが含まれています」の後にあるインポートをクリックします。

暗号化されたメールの送受信

メールを作成するときは、右側のオプションと添付ファイルセクションで、次のチェックボックスをオンにします。

  • このメッセージに電子署名(キーのパスワードを尋ねる)、および/または
  • このメッセージを暗号化

暗号化されたメールを受信したら、暗号化キーのパスワードを入力してコンテンツを表示します。

設定 > 設定 > 暗号化 で、パスワードを再度入力する必要があるまでの有効期間を決定できます。

 

Was this page helpful?