Linux でのクラッシュ報告

This post is also available in: English Español Français Nederlands Српски

「クラッシュ」は、Vivaldi が回復不能なエラーに遭遇し、予期せずシャットダウンしてしまった場合、またはタブの内容が消えて「横たわった鳥」の画像に置き換えられた場合に発生します。

クラッシュの報告

Linux で起こったクラッシュを報告するには、Vivaldi 宛にバグレポートを作成し、クラッシュの状況について説明します。 特に役立つのは、Vivaldi 側でクラッシュを再現するために必要となる手順の詳細です。 問題をよりよく理解するため、さらに多くの情報が必要な場合や、再テストを実施するようお願いする場合があるため、連絡可能な有効な連絡先メールアドレスを必ず入力してください。

Vivaldi の最新バージョンで同じのクラッシュが発生することをご確認ください。 最新バージョンを使用していない場合は、ブラウザをアップデートした上で、問題を再度テストしてください。


クラッシュログのキャプチャー

上級ユーザーの場合、バックトレース(クラッシュログ)のキャプチャを試みることができます。 これは、開発者が問題を理解する上で、非常に役立ちます。 特に自身で再現できない場合。 バックトレースをキャプチャーするには、最初にデバッグバイナリーをインストールする必要があります。

デバッグバイナリーをインストールする

  1. Go to vivaldi://about and note architecture listed within the “User Agent” section (i.e. x86_64, i686, armv7l or aarch64).
  2. 適切な Vivaldi デバッグバイナリーをダウンロードします(必要に応じてアーキテクチャを調整します)。
    wget https://vivaldi.com/download/vivaldi-latest-x86_64-debug.zip
  3. デバッグバイナリーを解凍します。
    gzip -dS.zip vivaldi-latest-*-debug.zip
  4. デバッグバイナリーをインストールします。
    sudo install -m755 vivaldi-latest-*-debug /opt/vivaldi/vivaldi-debug

UI クラッシュのバックトレースを記録する

UI のクラッシュ(ブラウザ全体におけるクラッシュ)をキャプチャするには、ターミナルウィンドウで次を実行し、GDB(GNU Project Debugger)の下でVivaldi を起動します。

gdb -ex run --args /opt/vivaldi/vivaldi-debug

ブラウザがクラッシュした際の手順を再現します。 Vivaldi がクラッシュしたら、GDB コンソールにて次を発行し、クラッシュのバックトレースを取得します。

bt

バックトレース全体をクリップボードにコピーし、エディターへ貼り付けて、テキストドキュメントとして保存します。

GDB を終了するには、次を実行します。

quit

Snapshot users will need to adjust the download URL, replacing “latest” with the full version number—go to vivaldi://about to find this.

さらに、「/opt/vivaldi/」のすべての参照を「/opt/vivaldi-snaphot/」に変更し、gdb 起動コマンドの最後に「--user-data-dir="$HOME/.config/vivaldi-snapshot"」を追加します。

タブクラッシュのキャプチャーはより複雑です。 このプロセスは、この外部要点で概説されています。

Vivaldi クラッシュログの提出

バグレポートを送信した後、確認メールが送信されます。 クラッシュログを添付ファイルとして返信してください。 このようなログは、コードのどこで問題が発生したかについての正確な情報を提供してくれるため大歓迎です 。

Was this page helpful?