同期のトラブルシューティング

This post is also available in: English Español Português Français Nederlands Српски

同期にログインができない場合

同期設定で Vivaldi アカウントにアクセスできない場合は、登録とログインの問題に関するヘルプページをご覧ください。


データの同期における問題

アカウント情報を入力して同期の開始をクリックしてもブラウザが接続できない場合、ブラウザは継続的に Vivaldi の同期サーバーへの接続を試みます。
アカウントからログアウトして再度ログインすることで解決する場合もあります。
同期が6時間以上接続を確立できなかった場合は、次の情報を含むバグレポートを送信してください

  • 同期に使用したアカウント名
  • エラーメッセージ(もしある場合)
  • vivaldi://sync-internals と vivaldi:// settings/sync/ の同期設定ページのスクリーンショットがあると調査に役立ちます。(Vivaldi のスクリーンキャプチャツールを使用してスクリーンショットを撮ることができます)。
    または、vivaldi://sync-internals のダンプステータスをクリックして、ボタンの下の小さなボックスに表示されるコンテンツを送信してください。
  • 問題が発生したタイミング
  • 問題を再現するための詳細な手順(基本的に、同期はどのステップで失敗したか?)。

同期されたコンピューターにリモートセッションが表示されない

これは、たとえば、メインの Vivaldi から別の Vivaldi にプロファイルを手動でコピーしてから、同期を使用した場合に発生する可能性があります。

解決するには

  • vivaldi://about にアクセスし、プロファイルパスに従ってデフォルトフォルダに移動します。
  • ブラウザを閉じます。
  • 設定 ファイルを開きます。
  • cache_guidsession_sync_guid を検索し、これらの GUID の文字を変更します。 最後の == 記号は変更しないでください。
    例えば "session_sync_guid":"session_synckqt9eRVoaHbyEH/lVV1exA==" >>> "session_sync_guid":"session_synckqt9eRVoaHbyEH/lVV1exB=="
  • ファイルを保存してブラウザを再起動します。

それでもリモートセッションにアクセスできない場合は、上記の手順に従ってバグレポートを送信してください

Was this page helpful?