Windows でのクラッシュを報告する

This post is also available in: English Español Français Nederlands

「クラッシュ」は、Vivaldi が回復不能なエラーに遭遇し、予期せずシャットダウンしてしまった場合、またはタブの内容が消えて「横たわった鳥」の画像に置き換えられた場合に発生します。 クラッシュに関する情報は Vivaldi によって記録されます。

クラッシュログの検索

  1. 「実行」ダイアログを開きます – [Windows Key] + R
  2. コピー – トリプルクリックして選択 – 次のテキストを貼り付け、「OK」を押します
    "%UserProfile%\AppData\Local\Vivaldi\User Data\Crashpad\reports"
  3. クラッシュに遭遇した頃に作成されたクラッシュログを探します。日付で並べ替えます

別の方法として、このアーカイブ内に含まれる Windows バッチファイルを使用して、上記のすべてを自動化します。 アーカイブからバッチファイルを抽出して実行すると、圧縮されたアーカイブが作成され、最近インストールされた Vivaldi バージョンのクラッシュログが含まれます。


Vivaldi クラッシュログの提出

クラッシュログは自動的に送信されませんバグレポートを作成して、問題についてお知らせください。

バグレポートを提出後、確認メールが送信されます。 クラッシュログを添付ファイルとして返信してください – 可能であれば、.zipアーカイブに圧縮してください このようなログは、コードのどこで問題が発生したか正確な情報を提供してくれるため大歓迎です。

Vivaldi の最新バージョンで同じのクラッシュが発生することをご確認ください。 最新バージョンを使用していない場合は、ブラウザーをアップデートした上で、問題を再度テストしてください。

Was this page helpful?