メッセージの送信

This post is also available in: English Español Français Nederlands

新しいメッセージの作成

新しいメッセージを作成するには

  1. メールパネルを開きます
  2. メールパネルツールバーの Compose message button メールの作成をクリックします。
  3. ヘッダーセクションに送信者、受信者、件名を入力します。
  4. メッセージを書きます。

または、次のショートカットを使用することもできます(これらは[メール]タブでのみ機能します)。

  • クイックコマンド「新しいメッセージの作成」と入力します。
  • シングルキーのキーボードショートカット N を使用します。

既存の連絡先にメッセージを送信するには:

  • 連絡先パネルより、連絡先リストの名前/メールを右クリック > メールの作成を選択します。
  • 連絡先のプロファイルの連絡先パネルで、メールアドレスの前にあるメールアイコンをクリックします。

ヘッダー

  • 差出人 – メールを送信したいアカウント デフォルトの送信者は、設定 > メール > メール設定 > 新しいメッセージのデフォルト送信者 で変更できます。
  • 宛先 – メールの送り先 メールの宛先であり、返信またはアクションを求める相手を追加します。
  • CC(カーボンコピー) – 必ずしも返信を必要としないが、メッセージの内容を知らせておきたい相手
  • BCC(ブラインドカーボンコピー)- 他の受信者にメールを同時送信したことを知らせたくない場合
  • 件名 – メールのタイトル

本文

メッセージのコンテンツを作成するために、Vivaldi メールのコンポーザーには HTML エディターが含まれており、テキストに簡単なフォーマットを追加できます。 メッセージにフォーマットを追加しない場合、メッセージはプレーンテキスト形式で送信されます。

添付ファイルを追加

メッセージにファイルを添付するには:

  1. メール作成画面の上にあるツールバーの attachment ファイルを添付をクリックします。
  2. ファイルマネージャ/ファインダーでファイルを参照して選択します。
  3. 開くをクリック

件名フィールドの下に添付ファイルが表示されます。

メッセージの本文内に画像を追加するには:

  1. HTML エディタツールバーの画像を挿入をクリックします。
  2. ファイルマネージャー/ファインダーで画像ファイルを参照し選択します。
  3. 開くをクリック

署名

Vivaldi メールに追加するすべてのアカウントは、Vivaldi のデフォルトの署名を使用します。 署名を編集するには

  1. 設定 > メール > メールアカウントに移動します。
  2. 署名を更新したいアカウントを選択します。
  3. 署名を追加します。

変更は自動で保存されます。

メール作成画面の色

設定 > メール > メール設定 > メール作成部分の色より、以下の変更が可能です。


メッセージの送信

メッセージの作成が終了後、いくつかのオプションがあります。

  • 送信 – メール作成画面の上にあるツールバーの send 送信をクリックします。
  • メッセージを送信トレイにキューとして追加 – メッセージに変更を加える予定はないが、まだ送信したくない場合は、このオプションを使用します。
  • 下書きとして保存 – 後で何かを変更したい場合に備えて、メッセージを下書きとして残しておきます。 作成を開始したすべてのメッセージは、下書きとして自動的に保存されます。

メッセージの返信と転送

メッセージへ返信するには:

  1. メッセージを開き
  2. メッセージツールバーの reply 返信または reply all 全員に返信をクリックします。
    または、キーボードショートカット R / Shift + R を使用するか、クイックコマンドで「メッセージに返信」/「全員に返信」と入力します。
  3. 引用されたセクションの上からメッセージを書いてください。
  4. send 送信をクリック。

メッセージを転送するには:

  1. メッセージを開き
  2. ツールバーの forward 転送をクリックします。
  3. 本文へメッセージを追加したい場合は、引用されたセクションの上にメッセージを書いてください。
  4. send 送信をクリック。

メールメッセージに加えて、フィードメッセージを転送することもできます。


下書き

Vivaldi で作成を開始したすべてのメッセージは、下書きとして自動的に保存されます。下書きは、メールパネル > すべてのメッセージ > 下書き、もしくは、メールパネル > すべてのアカウント > メールアカウント > 下書き よりアクセスが可能です。

下書きの編集

下書きへ変更を加えるには:

  1. 下書きフォルダより、編集したいメッセージを開きます。
  2. ツールバーの edit 編集をクリックします。
    または、下書きのリストでメッセージを右クリックして、編集を選択します。

下書きを破棄するには、ツールバーの discard ゴミ箱へ移動をクリックします。

後で下書きを削除するには:

  1. すべてのメッセージの下の下書きフォルダーまたはメールアカウントの下書きフォルダーで削除したいメッセージを見つけます。
  2. 次のいずれかのオプションを実行します。
    1. メールを開き、ツールバーの 削除をクリック。
    2. メッセージリストでメッセージを選択し、右クリックコンテキストメニューから削除を選択。
    3. Delete キーを押す。

Outbox

Vivaldi メールでは、送信トレイはすべてのメッセージのサブフォルダーであり、編集完了後まだ送信したくないメッセージの下書きを保存できます。

変更が必要なものがある場合、下書きの編集と同じ方法で、キューの中のメッセージを編集できます。

デフォルトでキューに入れる

メッセージ作成画面の送信ボタンをクリックすると、メッセージのキューイングをデフォルトのアクションにすることができます。 方法

  1. メールの作成を開始します。
  2. メッセージツールバーの send 送信ボタンの横にある矢印をクリックします。
  3. キューのオプションを確認します。

その後、send 送信ボタンをクリックすると、メッセージは送信されずに送信トレイに移動されます。

送信トレイからのメッセージの送信

すべてのアカウントからすべてのメッセージを送信するには:

  1. メールパネルを開きます。
  2. メールパネルツールバーの send すべてのアカウントから送信をクリックします。

送信トレイから単一のアカウントからすべてのメッセージを送信するには:

  1. メールパネルを開きます。
  2. メールパネルツールバーの send すべてのアカウントから送信の横にある矢印をクリックします。
  3. メッセージの送信元のアカウントを選択します。

単一のメッセージを送信するには:

  1. リスト内で送信したいメッセージを右クリックします。
  2. send 送信を選択します。

Was this page helpful?