メールアカウントの追加と管理

This post is also available in: English Русский Español Français Nederlands Српски Ukrainian

メールクライアントの有効化

Vivaldi Mail を使用するには、設定 > 一般 > 生産性機能からメール、カレンダー、フィードを有効にしてください。 新しいインストールまたは新しいユーザープロファイル上では、ウェルカムフローにて「アドバンス」オプションを選択してください。

アカウントの追加

Vivaldi メールにメールアカウントを追加するには:

  1. メールの設定に移動します。
    • メールパネルを開き、メールアカウントの追加をクリックします。
    • ステータスバーの メールボタンをクリックするか、
    • 設定 > メール > アカウントの設定に移動します。
  2. メールアドレスを入力し、IMAP(推奨)または POP アカウントのどちらを追加するかを選択し、続行をクリックします。
    Vivaldi はサーバー設定を自動的に取得します。 できない場合は、手動で追加してください。 サーバー設定を確認するには、メールサービスプロバイダーのヘルプドキュメントを確認してください。
  3. メールアカウントのログインパスワードを入力するか、Gmail の場合は、ポップアップウィンドウで Google の指示に従ってください。
  4. アカウントが追加されたら、送信者名とメールの署名も追加可能です。
  5. また、メッセージのプリフェッチ(メールを開く前でもメールサーバーからメッセージと添付ファイルをダウンロード)、オフラインアカウント、ダブルチェックサーバー設定を有効にすることもできます。

メールアカウントを追加するには:

  1. 設定 > メール > メール アカウントに移動します。
  2. 追加済みのメールアカウントの一覧の下にあるAdd button アカウントの追加をクリックします。
  3. メールアドレスを入力し、IMAP (推奨) または POP アカウントのどちらを追加するかを選択し、続行をクリックします。
  4. メールアカウントのログインパスワードを入力するか、Gmail の場合は、ポップアップウィンドウで Google の指示に従ってください。

Google OAuth

Google OAuth ダイアログではメールとカレンダーにログインしますが、ブラウザプロファイルの他の場所でも Google アカウントにログインすることになります(OAuth ダイアログは Cookie を保存するため)。 したがって、プロファイルから Cookie を削除すると、自動的にログアウトされます。 このオプションを使用しない場合は、次の3つのオプションがあります。

オプション 1 – OAuth を使用した別プロファイル

メールと予定表専用の新しいユーザープロファイルを追加して、独立させて置いたままにできます。 その後、OAuth を使用してそのまま実行するだけで、他のプロファイルに影響することはありません。 詳細な手順については、 こちらをご覧ください

オプション 2 – アプリのパスワード(要2要素認証)

これを機能させるには、Google アカウント設定で App Password を設定する必要があります。 また、2 要素認証も設定する必要があります。 パスワードを取得したら、セットアップにパスワード入力ダイアログが表示されたら、これを入力してください。

オプション3 – 自分のパスワード(2要素認証は不要)

または、myaccount.google.com / lesssecureapps にアクセスして、「安全性の低い」アプリへのアクセスを許可し、サインイン時に通常のパスワードを使用することもできます(オプション2と同様に、ダイアログが表示されたらアプリのパスワードオプションを選択)。

IMAP 対 POP3

IMAP(インターネットメールアクセスプロトコル)を使用すると、メールとメールフォルダーがサーバー上に保持されます。 メールクライアントで行った変更は、サーバーに反映され、その逆も同様です。 IMAP を使用してメールアカウントを必要な数のメールクライアントに追加したり、メールサービスプロバイダのウェブメールインターフェイスからメールにアクセスしたりすることもできます。

POP3(ポストオフィスプロトコルバージョン3)では、メールクライアントは、メールサーバーに到着するとすぐに、メールをコンピュータにダウンロードして保存し、一般的にサーバーから削除します。 Vivaldi はサーバー上のメッセージを自動的に削除しませんが、 設定 > メール > メールアカウント > アカウントを選択 > サーバー設定より、有効にすることも可能です。

メッセージのプリフェッチ

メールアカウントのメッセージ プリフェッチを有効にすると、メッセージを開く前でも、メールデータベース内のすべてのメッセージの内容がインデックスされます。 プリフェッチすることで検索結果の精度が向上し、オフラインで簡単にメッセージにアクセスできるようになります。


アカウントの編集

名前、署名、パスワードを更新したり、アカウントのサーバー設定を変更するには:
1. 設定 > メール > メールアカウントに移動します。
2. 編集するアカウントを選択します。
3. 情報を更新します。

変更は自動で保存されます。


アカウントの削除

  1. Vivaldi メールからメールアカウントを削除するには:
  2. 設定 > メール > メール アカウントに移動します。
  3. 一覧からアカウントを選択します。
  4. メール アカウントの削除ボタンをクリックします。
  5. メッセージをコンピュータに保存するかどうかを決定します。
  6. 削除をクリックします。

Was this page helpful?